ドメインには日本語ドメインというものがあります。現在、ウェブサイトのSEOにおいてドメインは日本語ドメインが非常に人気となってきています。日本語ドメインのSEO効果について当サイトでわかりやすくご紹介します。

日本語ドメインの画像

.coドメインとログオンスクリプトについて

.coドメインは日本なら.co.jpと認識されることがありますが、.coだけでも構成できます。そのため短縮したドメインとして取得する方も多くいますし、違法サイトやアダルトサイトでは有名企業のドメインに似せて取得してアクセスを集めようとする動きも多いようです。そのため、企業によっては防御的に取得しているケースも少なくありません。ドメインは似た仕組みも多数あり、サービスや商品のブランドを守る場合は他のカテゴリのドメイン取得も検討しておくことが大事です。特に関係のない企業が狙うドメインはウェブサイトの内容が似た商品であったり、競合サービスであることも多く問題視されています。ドメインについてはウェブサイトの他にサーバ運用先としても注目を集めています。サーバ運用にはログオンスクリプトが重要ですが、ファイアウォールが設定されている場合、IPアドレスで接続できなかったり、特定のドメイン以外は通さない条件になっていることが多いです。特に新規取得の場合はほぼ通してくれません。そこで中古物件、特に長く運用されてきたウェブサイトで使われていた物件を利用するケースが増えています。このような物件はさまざまな効果をもたらしてくれます。1つはウェブサイトの価値を上げてくれる。2つめはファイアウォールなどの信頼が重要なシステムを突破できることです。企業向けのウェブサイトではとても重要なポイントとなってきていますし、この性質はメールでも同様なので検討する企業が増えています。メールについてはブラックリストに載っていなけば長期運用した場合はフィルタリングにも引っかからないことが多く、さらに通信キャリアのメールにも届きやすいなどの利点が注目されています。