ドメインには日本語ドメインというものがあります。現在、ウェブサイトのSEOにおいてドメインは日本語ドメインが非常に人気となってきています。日本語ドメインのSEO効果について当サイトでわかりやすくご紹介します。

日本語ドメインの画像

2017年05月の記事一覧

ドメインから情報の範囲を予測するには

ドメインは世界に様々なタイプのものがあります。地域に関係なく利用できるのが属性ドメインです。例えば「com」、「org」、「net」などです。これらは誰でも利用することができます。comはカンパニーの略であり、一般的な企業が最も好むドメインです。orgはorganizationの略であり、組織という意味があります。netはネットワーク事業者に多く存在します。必ずしもこれに属した人しか取得することができないというわけではありませんので、中には全く関係ないものも含まれています。しかし適したドメインを取得することによって、それが何のサイトなのか文字列だけでも情報を伝えることができるようになります。
そして「地域型ドメイン」というものもあります。ここ日本ではjpが割り当てられています。これは国ごとに違っており、一般的に範囲外の人は利用することはできません。最近ではtokyoなどの都道府県を入れたものも存在しています。地域型ドメインは属性と比較すると管理費用が高いものも多く、企業で導入すればコストがかかります。co.jpはカンパニージャパンの略であり、その会社が日本の企業であることがわかります。文字列だけで情報を伝えることができ、それがどこの会社のものかわかるようにすることは、コストはかかってしまいますが企業にとっては信頼を得るために必要なものです。ネット上に同じドメインは2つとして存在せず、ネット上の住所として扱われます。オークションで高額な値がついたこともあるように、会社にとってはそれだけ費用を出しても欲しいものなのです。似たようなドメインを使われないように、1つの企業が複数の属性や地域のものを取得することもあります。

続きを読む

中古ドメインの検索ツールは高い?

SEO対策に有効な中古ドメイン。
中古ドメインにはそれぞれ個体値の幅が広く、優秀な中古ドメインも存在すれば、新規ドメインよりも劣っている中古ドメインまで存在します。

ピンキリな世界の状況下で、適切な優秀なドメイン(文字列)を取得していくにはどうすれば良いのでしょうか。

中古ドメインを適切に取得していくにはドメインの検索ツールを使用するという手があります。
優秀な文字列を取得することができれば、SEO対策が楽になり、上位表示までにかかる時間を大幅に短縮させることができます。

しかし、優秀な検索ツールは値段が高いのがネックです。
そして、検索ツールが本当に使えるものであるかどうかは、実際に使っている知り合いに聞くか、自分で使ってみるまではわかりません。

なぜなら、この手の検索ツールは業界的にも評判や口コミまで工作されている可能性が高く、ランディングページに掲載されている情報も、検索ツールを購入させるための情報しか載っていないからです。

そのため、検索ツールを購入する際は出来る限り、その信憑性を確かめられる口コミや評判などを集めてから購入するようにしましょう。
検索ツールの値段は供給量が少ないために、基本的に高いですが、しっかりとした機能を備えている検索ツールを購入することができれば大幅な作業時間の短縮に繋がります。

優秀な文字列の確保による上位表示の有用性は今も昔も変わっておらず、それはGoogleアルゴリズムがどうしても対応しきれない部分でもあります。
値段の高いツールは一度購入してしまえば、それ以降はタダで使いこなしていくことができるため、値段が高くても一度限りの投資として考えれば安いものです。
そのツールさえあれば、今後必要になってくるであろう収集な中古の文字列を探す時間が省けるのですから。

続きを読む

.coドメインとログオンスクリプトについて

.coドメインは日本なら.co.jpと認識されることがありますが、.coだけでも構成できます。そのため短縮したドメインとして取得する方も多くいますし、違法サイトやアダルトサイトでは有名企業のドメインに似せて取得してアクセスを集めようとする動きも多いようです。そのため、企業によっては防御的に取得しているケースも少なくありません。ドメインは似た仕組みも多数あり、サービスや商品のブランドを守る場合は他のカテゴリのドメイン取得も検討しておくことが大事です。特に関係のない企業が狙うドメインはウェブサイトの内容が似た商品であったり、競合サービスであることも多く問題視されています。ドメインについてはウェブサイトの他にサーバ運用先としても注目を集めています。サーバ運用にはログオンスクリプトが重要ですが、ファイアウォールが設定されている場合、IPアドレスで接続できなかったり、特定のドメイン以外は通さない条件になっていることが多いです。特に新規取得の場合はほぼ通してくれません。そこで中古物件、特に長く運用されてきたウェブサイトで使われていた物件を利用するケースが増えています。このような物件はさまざまな効果をもたらしてくれます。1つはウェブサイトの価値を上げてくれる。2つめはファイアウォールなどの信頼が重要なシステムを突破できることです。企業向けのウェブサイトではとても重要なポイントとなってきていますし、この性質はメールでも同様なので検討する企業が増えています。メールについてはブラックリストに載っていなけば長期運用した場合はフィルタリングにも引っかからないことが多く、さらに通信キャリアのメールにも届きやすいなどの利点が注目されています。

続きを読む

ドメインの分離とwikipediaの利用法について

IPネットワークに於いてはネットワークの接続性を制御するためにはアドレスグループを制御する方法が良く利用されます。同一のアドレスグループの中のリソースに付いてはどの端末からもアクセスが可能となるため、アクセスを制限する場合にはネットワークグループを分け、ルーターで相互のアクセス制御を行う方法が一般的です。しかし、この方法では物理的にIPアドレスを分断し制御する必要があるため、ネットワークの配線や変更が煩雑になり管理者の負荷が増大するというデメリットが有ります。
そこで多くの企業ネットワークではドメインを利用してアクセス制御を行う方法が利用されています。ドメインの分離は、ネットワーク上の通信の安全を確保する手段としてよく行われている方法です。通常ネットワークに於いては、ドメインによりネットワークグループを作り、このグループに対してその中のリソースにアクセスする権限を与えることで倫理的なネットワークの構成を行っていますが、この方法だけでは同じドメインのすべての端末からそのリソースがアクセスされてしまうという大きな問題が生じることが有ります。
そのため、ネットワークのセキュリティ要件によっては同一ドメインのグループをさらに分離し、適合したグループの端末からのみリソースをアクセスする権限を認めることでそのセキュリティ要件を満足する手法がとられる場合があります。これをドメインの分離と言い、近年では多くの企業ネットワークで用いられています。
ドメインの分離については、wikipediaに於いてはドメインコントローラの項で述べられています。コントローラーの設定に於いてその端末のアクセス権限を詳細に設定することができ、論理的にネットワークを分離したようなイメージを実現する事ができます。

続きを読む

エラーが少ないドメインは懸賞でも有効

ドメインを利用する場合、多くはウェブサイトやメールアドレスで利用されるわけですが、エラーのない長く使われてきた場合はさまざまな利点があります。その一つがサイトの価値があがることです。サイトの価値とは一般的に検索サイトでの表示順位のことをいい、良いサイトは検索結果で上位表示されることが多くなります。ただし、コンテンツが良いだけでは上位表示できない場合も多く、さまざまな手法で上位表示を狙うサイトが増えています。その一つの方法がバックリンクの増加です。バックリンクは各サイトでの記事内のリンクであったり、相互リンクも重要となります。また、懸賞をかけてリンクを増やすサイトも出て来るなど検索サイトへのアピールのためにバックリンクを増やそうと頑張るサイトが多いです。また、リンクについてはSNSでのリンクも重要となっており、FacebookのいいねやTwitterのリツイート数などもも注目されてきています。SNSでのリンクについてはツールで増やすこともできるのですが、検索サイト側でのバックリンクのチェックが厳しくなってきていることから懸賞をかけてリンクを増やしたり、場合によってはアルバイトなどを雇ってリンクを増やしている方も多くなってきています。リンクについては中古ドメインでも重要性が増してきており、適切なリンクが多いドメインは高値で取引されることも多くなっています。中古ドメインについては価格がかなり違っていますが、検索順位の高さとバックリンクの質で決まることが多くなっています。特にSNSでよくリンクされていたサイトについては価値が一気に高まっています。SNSでのリンクは長期的にサイトにPVをもたらしてくれます。

続きを読む

ルート証明書とnofollowで強いドメインを

2014年8月に、Googleは常時SSL化されたドメインをランキングで上位に表示する旨、アナウンスしました。常時SSL化されたサーバーとのHTTPS通信は暗号化されているため、個人情報や認証情報はもちろん、通常の閲覧内容も保護されるため第三者による盗聴を防ぐというメリットがあります。さらに、SSLサーバー証明書により、ドメインの運営者が認証され、運営者の身元がユーザーに明らかにされるために、なりすまし等の不正を防止することができます。マルウェア配布サイトなどを除外することにもなり、ユーザーは安全にインターネットを利用することができます。このような理由から、Googleは常時SSL化を推奨していると見られます。

常時SSL化されたドメインの優遇は、Googleが公式に発表したことですから、SEO的に成果を上げる手段の中でも、かなり確実に結果を得られるものとして注目されます。ですのでSSLを導入するのが得策となりますが、注意したいのは極端に安いサーバ証明書を使うと、問題が起こるケースがあるということです。SSLはサーバーが発行する証明書を、ブラウザにインストールしてあるルート証明書が有効性を証明する仕組みになっていますが、安いサーバ証明書だとルート証明書に記載が漏れている可能性が考えられます。そうなると、ユーザーのブラウザには警告メッセージが表示されます。ドメインのイメージが極めて悪くなるので注意が必要です。

また、この他にも、SEOに関しては、サーチエンジンが一日にクロールできるページの量は限られていることから、インデックスされる必要のないアーカイブページなどに適宜nofollowタグを指定するのは、SEO的に有効です。

続きを読む

ドメインが反映される日数とカテゴリーごとの違い

ドメインをWEB上にアップしてから反映されるまでそれなりの日数が必要となります。グーグルからキャッシュされるという表現をしますが、グーグルにサイトの価値を理解してもらうためにもクローラーがサイトを閲覧する必要があるのです。
現在、グーグルのキャッシュスピードは速くなり、カテゴリーごとに違いがあるということはありません。ただし中古ドメインと新規ドメインでは、中古ドメインの方が速くキャッシュされる傾向にあります。すでにリンクがあることや過去にキャッシュされていたという経験が、キャッシュスピードをあげる要因のようです。日数で計算すれば新規ドメインは1週間程度。中古ドメインなら3日程度で反映されるでしょう。
自社のサイトがキャッシュされているか調べたいというのであれば、サイトのURLの前に[ site: ]を入力すれば確認することができます。中古ドメインを活用するときには、いくらコンテンツを増やしても上位表示しない場合があります。そのような時はサイトが飛んでいる状態であり、キャッシュされていないという可能性があるのです。一方で正常なサイトならキャッシュが早いことを考えると、メリットとデメリットを兼ね揃えているサービスと言えますね。
理想はすべて新規ドメインでサイトを作ることです。今後のアルゴリズム変更により、上位表示のアルゴリズム変更がある可能性は十分にあります。加えて中古のサイトは価値を下げるという可能性もあるのです。
将来的にそのようなアップデートがあると考えれば、無理に使う必要はないと言えますね。すべて自分で作ればバックリンクの影響やコンテンツを増やしたことによる価値を確認することもできるので、上手に使い分けながら、サイトを作るようにしてくださいね。

続きを読む