ドメインには日本語ドメインというものがあります。現在、ウェブサイトのSEOにおいてドメインは日本語ドメインが非常に人気となってきています。日本語ドメインのSEO効果について当サイトでわかりやすくご紹介します。

日本語ドメインの画像

2017年05月の記事一覧

ドメインから情報の範囲を予測するには

ドメインは世界に様々なタイプのものがあります。地域に関係なく利用できるのが属性ドメインです。例えば「com」、「org」、「net」などです。これらは誰でも利用することができます。comはカンパニーの略であり、一般的な企業が最も好むドメインです。orgはorganizationの略であり、組織という意味があります。netはネットワーク事業者に多く存在します。必ずしもこれに属した人しか取得することができないというわけではありませんので、中には全く関係ないものも含まれています。しかし適したドメインを取得することによって、それが何のサイトなのか文字列だけでも情報を伝えることができるようになります。
そして「地域型ドメイン」というものもあります。ここ日本ではjpが割り当てられています。これは国ごとに違っており、一般的に範囲外の人は利用することはできません。最近ではtokyoなどの都道府県を入れたものも存在しています。地域型ドメインは属性と比較すると管理費用が高いものも多く、企業で導入すればコストがかかります。co.jpはカンパニージャパンの略であり、その会社が日本の企業であることがわかります。文字列だけで情報を伝えることができ、それがどこの会社のものかわかるようにすることは、コストはかかってしまいますが企業にとっては信頼を得るために必要なものです。ネット上に同じドメインは2つとして存在せず、ネット上の住所として扱われます。オークションで高額な値がついたこともあるように、会社にとってはそれだけ費用を出しても欲しいものなのです。似たようなドメインを使われないように、1つの企業が複数の属性や地域のものを取得することもあります。

続きを読む