ドメインには日本語ドメインというものがあります。現在、ウェブサイトのSEOにおいてドメインは日本語ドメインが非常に人気となってきています。日本語ドメインのSEO効果について当サイトでわかりやすくご紹介します。

日本語ドメインの画像

ドメインの分離とwikipediaの利用法について

IPネットワークに於いてはネットワークの接続性を制御するためにはアドレスグループを制御する方法が良く利用されます。同一のアドレスグループの中のリソースに付いてはどの端末からもアクセスが可能となるため、アクセスを制限する場合にはネットワークグループを分け、ルーターで相互のアクセス制御を行う方法が一般的です。しかし、この方法では物理的にIPアドレスを分断し制御する必要があるため、ネットワークの配線や変更が煩雑になり管理者の負荷が増大するというデメリットが有ります。
そこで多くの企業ネットワークではドメインを利用してアクセス制御を行う方法が利用されています。ドメインの分離は、ネットワーク上の通信の安全を確保する手段としてよく行われている方法です。通常ネットワークに於いては、ドメインによりネットワークグループを作り、このグループに対してその中のリソースにアクセスする権限を与えることで倫理的なネットワークの構成を行っていますが、この方法だけでは同じドメインのすべての端末からそのリソースがアクセスされてしまうという大きな問題が生じることが有ります。
そのため、ネットワークのセキュリティ要件によっては同一ドメインのグループをさらに分離し、適合したグループの端末からのみリソースをアクセスする権限を認めることでそのセキュリティ要件を満足する手法がとられる場合があります。これをドメインの分離と言い、近年では多くの企業ネットワークで用いられています。
ドメインの分離については、wikipediaに於いてはドメインコントローラの項で述べられています。コントローラーの設定に於いてその端末のアクセス権限を詳細に設定することができ、論理的にネットワークを分離したようなイメージを実現する事ができます。