ドメインには日本語ドメインというものがあります。現在、ウェブサイトのSEOにおいてドメインは日本語ドメインが非常に人気となってきています。日本語ドメインのSEO効果について当サイトでわかりやすくご紹介します。

日本語ドメインの画像

ドメインが反映される日数とカテゴリーごとの違い

ドメインをWEB上にアップしてから反映されるまでそれなりの日数が必要となります。グーグルからキャッシュされるという表現をしますが、グーグルにサイトの価値を理解してもらうためにもクローラーがサイトを閲覧する必要があるのです。
現在、グーグルのキャッシュスピードは速くなり、カテゴリーごとに違いがあるということはありません。ただし中古ドメインと新規ドメインでは、中古ドメインの方が速くキャッシュされる傾向にあります。すでにリンクがあることや過去にキャッシュされていたという経験が、キャッシュスピードをあげる要因のようです。日数で計算すれば新規ドメインは1週間程度。中古ドメインなら3日程度で反映されるでしょう。
自社のサイトがキャッシュされているか調べたいというのであれば、サイトのURLの前に[ site: ]を入力すれば確認することができます。中古ドメインを活用するときには、いくらコンテンツを増やしても上位表示しない場合があります。そのような時はサイトが飛んでいる状態であり、キャッシュされていないという可能性があるのです。一方で正常なサイトならキャッシュが早いことを考えると、メリットとデメリットを兼ね揃えているサービスと言えますね。
理想はすべて新規ドメインでサイトを作ることです。今後のアルゴリズム変更により、上位表示のアルゴリズム変更がある可能性は十分にあります。加えて中古のサイトは価値を下げるという可能性もあるのです。
将来的にそのようなアップデートがあると考えれば、無理に使う必要はないと言えますね。すべて自分で作ればバックリンクの影響やコンテンツを増やしたことによる価値を確認することもできるので、上手に使い分けながら、サイトを作るようにしてくださいね。