日本語ドメインがSEOに与える影響

ドメインには日本語ドメインというものがあります。現在、ウェブサイトのSEOにおいてドメインは日本語ドメインが非常に人気となってきています。日本語ドメインのSEO効果について当サイトでわかりやすくご紹介します。

日本語ドメインの画像

日本語ドメインのSEO効果とは

基本的に、ドメイン名が日本語か英語かはそれほど気にする必要はないです。昔はユーザーの検索が多い日本語にした方が検索エンジンに引っかかりやすいとか、日本ドメインはグーグルに後回しにされるとかいろいろな憶測が飛び交ったのですが、今はグーグルのアルゴリズムも進化しているので、どちらも変わりなく拾うことができます。
グーグルはドメイン名からコンテンツをイメージし、それと一致しているものを評価します。英語か日本語かに関わらず、コンテンツの内容とばっちり合っているもので、また短いドメイン名が理想です。このようなものであれば、グーグルのクローラーに対する対策はばっちりでしょう。
しかし、英語で難しい単語はあまり使わない方が良いかもしれません。グーグルというよりは、ユーザーがドメイン名にピンと来なくなるでしょう。あまりドメイン名で検索する人は少ないかもしれませんが、お気に入りのサイトになった場合にはそれで検索してくる可能性もあります。そこまでお気に入りならば、お気に入り登録するかもしれませんが、案外いろんな検索エンジンの使い方をする人がいるものなので、なるべく多くの人にわかりやすいものが良いです。
グーグルもユーザーに対する配慮の手厚いサイトを好みます。最近のアルゴリズムは優秀で、グーグルのユーザー満足度を最大化させるという理想に着々と向かっています。そのことを考えると、言語に関わらず要はユーザーにとって見やすいものであれば、それにつきるということになります。
昔はユーザー対策とseo対策が別々になりがちでしたが、今はほぼ一緒です。ブラックハットでやってきた人には不都合ですが、ホワイトハットでやっている人には好都合です。

日本語ドメインはデメリットも多い?

ドメインの言語に左右されるようなことは今はほとんどありません。アルゴリズムのなかに翻訳の機能が含まれているので、何語で書いてもコンテンツのイメージと重なっていれば問題ないです。グーグルはコンテンツとドメイン名を照らし合わせて評価してくれます。
またドメイン名はある程度コンテンツの内容を表していればそれでよくて、あとはサイトの中身で勝負した方が良いです。中身のコンテンツの質を高めることと、内部seoをして見やすくするなどです。被リンクを貼る目的は、クローラーを巡回させることなので、結果的に評価が悪いといくら巡回しても意味ないです。
サイトを地道に更新していれば、まったくクローラーが来ないということはあまりありません。そして、そのときにコンテンツが良ければ、そのあとはクローラーが前よりも来るようになります。そして、評価を獲得していけば、検索エンジンの上位に表示されてくるようになります。
なので、外部seoを頑張るよりもコンテンツと内部seoです。昔は中身がなくての外部seoで何とかなったところはあるのですが、今はそれはブラックハット認定を受けるだけですし、クローラーが細かくチェックするので、小手先のテクニックはあまり通用しません。
なので、コンテンツです。コンテンツとは文章、写真、動画で、これらの中身が最重要で、あとは配置やリンクの問題でしょう。クローラーが来たときに最大限潤滑に巡回してもらい、コンテンツを適正にチェックしてもらうということです。ここでは、レイアウトやリンクのうまさでランキング上位をねらうなどの発想はありません。
検索上位になるためにはコンテンツで、それを適正にみてもらう手段がレイアウトやリンクです。

日本語ドメインを取得する時は必ずキーワードを含める

最近はドメイン名が英語か日本語かはあまり関係なくなっています。前からさほど関係なかったのですが、最近はより一層その傾向が強まっています。なぜかというと、グーグルは検索者が何語で入力したとしても、それを翻訳機能で変換し、適切がサイトを表示するように進化しているからです。
グーグルはサイトを表示する際に、ドメイン名とコンテンツを必ず評価して表示しています。そのため、キーワードの単語のみならず、そのドメイン名をつけた人の意図も汲み取ってくれています。そのため、仮に単語のスペルが多少間違っていたとしても表示してくれます。実際スペルミスがどれほどの影響を与えるかははっきりしていないのですが、コンテンツが良ければ上位表示されるということは確かです。このようになっているので、検索者が検索してくるワードを意識し、それをドメイン名に含めるようにすれば、それが日本語でも英語でもどちらでも良いです。
よく英語だと海外からの流入もあり、日本語を付けると海外からは入ってこないという人がいますが、それは関係ないです。仮に日本語のドメイン名を付けていても、コンテンツが英語ならば英語検索で引っ掛かります。逆に、ドメインが英語でもコンテンツが日本語なら英語検索では引っかからないです。グーグルはユーザーの意図を解釈して検索結果を表示しているので、ドメイン名だけで判断してコンテンツを読めない人の言語で表示するようなことはさすがにしません。これは当然と言えば当然でしょう。
上述のようなことからもわかる通り、基本的に一番大事なのはコンテンツです。他のものはあくまで補助的なもので、よほど適当なことをしない限りは突き詰めても意味のないものです。